採用情報|社会福祉法人あゆみ会 児童養護施設あゆみ学園|埼玉県羽生市

採用情報

あゆみ学園では一緒に働く仲間を募集しています。
募集要項・エントリー

仕事内容の紹介

チーム指導体制

image  職員は常に複数勤務体制です。複数の職員が力を合わせて子どもたちを養育しています。一人で対応できない時は、それを見た他の職員がすぐに応援に入ります。新任職員を孤立させません。新任職員は先輩職員の仕事を見て学び成長することができます。おもいやりの心を醸成し、みんなで力を合わせて仕事をすることの喜びがあります。

仕事について

 当園は本園7ユニット、地域小規模児童養護施設3か所に別れています。各ユニットの担当者が決まっていてそれをサポートする職員がいます。
 行事は職員と子どもが創りあげます。生活の中に四季があり一般の家庭でも行わなくなったお餅つき、節分、ひな祭り、七夕、七五三等子どもの喜ぶ姿をみて職員も喜びます。子どもの成長する姿をみて職員も成長します。

見学と研修

 あゆみ学園に就職をお考えの学生には、見学又は研修を勧めます。日程やスケジュールについては、柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。

スタッフの声

保育士 Sさん

image

 私は、昔から子どもが大好きで、子どもに関わる仕事がしたいと思い、児童養護施設で働き始めました。まずは子どもたちの仲間に入れてもらうことから始めた現場でしたが、始めの 1ヵ月は楽しいと感じる毎日で、とにかく毎日一人でも多くの子どもと話をし、積極的に関わり、一緒に遊ぶ事を意識して過ごしていたように思います。働き始めて1ヵ月が経つと、次第に子どもたちの家庭の状況や抱えた問題などが分かるようになり、ただ「楽しい」と過ごしていける仕事ではないと認識するようになり、自分はとても責任のある仕事を選んだと感じるようになりました。時には意見や考え方の違い等から、子どもとぶつかる時もあり、日々、子ども達の事で悩む事もたくさんあります。それでも、子どもたちの成長を見ると嬉しく感じ、行事などで一緒に楽しいと感じる時間を過ごしたり、日常の中で些細なことで一緒に笑っている時は、ここにいて良かったと感じます。
 保護者と離れ、保護者に頼れない状況にある子どもに対して保護者のように支えてあげられる、保護者のように頼ることができる、子どもにとって安心できる存在になりたいと思います。

保育士 Hさん

image

 私がこの仕事に魅力を感じることは二つあります。
 1つは、子ども達の成長を身近で実感する事ができ、喜びを分かち合える事です。トイレットトレーニングに成功した子ども、たくさん練習をして縄跳びが飛べるようになった子ども、そんな子ども達の笑顔が見られます。過程を知っているからこそ共に喜び合え、1人1人の人生の手伝いができることが児童養護施設で働く事の魅力であると思います。
 もう1つは、自立や家庭復帰への支援です。退所する日に、私の担当児童の保護者から「第二のお母さんです」と言って頂いた事があり、とても嬉しく思いました。この日を迎えた保護者・子どもの表情や、退所後に元気な姿を見せに来てくれた子ども達に会うことは私にとって大きな力となっています。
  

保育士 Wさん

image

 私は、保育士になり40余年です。その間、保育園・幼稚園施設でと子どもと関わってきました。年数の半分ほどは児童養護施設に携わっています。グループホームでは子どもとの信頼関係・絆の深さが培われ、これまで成長してきました。
 今では、本園でホームの子ども達の明るい笑い声と和やかな環境の中で日々過ごしています。少々の問題はありますが、情報の共有・職員間のチームワークがしっかり在る事が大切であると思います。子ども達がいつでも話せる環境の中で生活し、和気あいあいとした疑似家族的な雰囲気が私は大好きです。明日も頑張るぞ~!!!

ページ先頭へ戻る